プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

【JavaScript 2-1】 関数について

関数とは

複数の文で書かれた命令をまとめて呼び出せるようにする仕組みのこと。

var name = prompt('名前を教えてください');

greet(name);
// ↑関数の呼び出し

function greet(name) {
  var message = 'こんにちは';
  alert(message + name);
  return;
}
// 関数の定義

ポイント

関数の中で宣言した変数は、関数の中だけで使用できる

関数の中で宣言した変数は「ローカル変数」といって、関数内のみでした利用することができない。
関数の外で定義した変数は「グローバル変数」といって、関数内も外も問わず使用することができる。
関数の有効範囲のことをスコープと呼ぶ。

グローバル変数による名前の重複を避ける関数の使い方

(function () {
  // この中に記述した処理はすぐに実行される。
  // この中で宣言した変数はローカル変数となる。
})();
「即時関数」といい、関数を提示する際の関数名を省略して全体をカッコで囲み、最後に();を付ける
変数varの使い方についてはこちら
もう迷いたくない。基本のjavascriptサマリー

参考にした書籍がこちら