プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

Let’s Encryptの証明書更新をcronで自動化

  • 2019年4月23日
  • 2019年4月23日
  • Linux
  • 119view
  • 1件

はじめに

以前書いた記事(以下参照)で独自SSLの設定をしましたが、証明書の有効期限が90日間ということなので、忘れても心配ないように自動化する設定方法を書いていきます。
https://weblion303.net/1356/

cron.dにファイルを追加する

※環境はUbuntu18.04で行っています

サーバーの/etc/crontabを直接編集するでも良いみたいですが、crontabをコピーしてcron.dディレクトリ内に置いておくことで実行するようにさせるのが通常の使い方のようなので、そのようにしていきます。
ファイル名は任意ですが、拡張子は必要ないので注意。

cp /etc/crontab /etc/cron.d/letsencrypt

コピーしたファイルを編集

sudo vi letsencrypt
# m h dom mon dow user  command
# 以下を追加
0 0 * * * root /usr/bin/certbot renew
#

これで毎日0時にrootユーザーでcertbot renewコマンドが叩かれて、期限が残り30日未満の場合は更新してくれます。

設定を反映させる

あとはcronを再起動させて設定を反映させます

sudo service cron restart