プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

【VirtualBox】VirtualBoxにUbuntu18.04をさくっとインストールする方法

  • 2018年8月30日
  • 2019年7月26日
  • その他
  • 93view
  • 1件

開発用サーバーやdockerを使った環境構築も多いですが、まずはVirtualBoxでlinux作って…から始める必要があることって多いです。毎度すぐ忘れてしまうため、リンク先や要点だけまとめておきます。

ISOファイルのダウンロード

まずは仮想マシンにUbuntuを入れるためのディスクイメージをダウンロード
https://www.ubuntu.com/download/desktop
ダウンロードしたISOイメージは適当なところに保存をしておく

VirtualBoxで仮想マシンを作成

VirtualBoxを起動し、左上の「新規から」仮想マシンを作成


Ubuntuを選択し、メモリサイズ、ハードディスクの設定を選択し、作成をクリック

作成した仮想マシンにUbuntuのディスクを読み込ませる

VirtualBoxの画面左側に作成された仮想マシンを選択した状態で、設定をクリック
左側メニュー「ストレージ」を選択
コントローラー:IDEの下「空」をクリック
ディスクの画像をクリックし、前項でダウンロードしたISOイメージを選択し、OKをクリック

仮想マシンのUbuntuを起動

ここまででVirtualBoxでUbuntuを使う準備は完了しているので、左側の仮想マシンを選択し、「起動」をクリック

Ubuntu自体を使ったことがある方なら見慣れたセットアップ画面がでてくるので、後は仮想マシンとしてではなく普通のUbuntuのように使うことができる。

VirtualBoxのUbuntuを便利に使う初期設定

以下はVirtualBox内のUbuntuを楽に使う方法や、VirtualBox関係なくUbuntu自体の設定などの記事です。