プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

STSを使ったspring bootでの開発環境構築&デモアプリ作成

  • 2019年11月27日
  • 2019年11月27日
  • JAVA
  • 65view
  • 0件

この記事について

前書き

この記事の目的は、JavaScriptやPHPなどのスクリプト言語のWEB開発にはある程度慣れ親しんでいるが、Javaとなると同じWeb開発でも急に敷居が高く感じてしまう、そもそも知らない言葉ばかりでとっつきにくいといったJAVA未経験者に向けた記事です。

出てくる言葉を簡単に説明

とりあえず筆者がいろいろみて思ったのは、出てくるキーワードについての認識がそもそもないので何がなんだか…といった状況に陥りやすいのかなと思いました。なのでまずは一言で簡潔に解説。

①Spring

「JavaでSpringで」みたいな使われ方をするけどSpringってなにかというと、Java用のフレームワークの集合体のこと。Springと一言で言っても規模が大きく、その中にいろいろなフレームワークが存在するので混乱しがちだが、まずはSpringという大きなフレームワークの中から一部のフレームワークを使って馴染んでいくことを優先したほうがよさそう。

②STS (Spting-tool-suite)

Spring開発専用のツールのこと。あれ、Java=eclipseって聞いたことあるけど違うのか?というと、eclipseはJavaに限らず(主にJavaだが)多言語での開発に利用できるIDE(総合開発環境)。eclipseを使ってSTSをプラグインとして入れるとSpringでの開発をすることもできるけども、今回は初めからSpringに限った開発なのでSTSを使う。

③Pleiades

STSを日本語化するために使用。前はもっと面倒な手順が必要だった記憶だが、今はとても簡単。手順は下のほうで解説あります。日本語化した後はPleiadesを削除してもいいし、残しておいてもよい。

④Spring Boot

Springフレームワークをより柔軟に使うことができるフレームワークといった感じ。設定ファイルが簡潔だったり、Tomcat(Webアプリケーションコンテナ)を内蔵していたり、とにかく動くアプリケーションを素早く作ることができるもの。

事前準備

環境

Windows10
Java version 13
STS 4.4.2
Spring Boot 2.2.1

javaのインストールとPATHの設定

何をするにもjavaが使える状態なのが大前提のため、cmdで以下コマンドを打ちjavaのインストールが済みPATHが通っていることを確認(javaのインストールは割愛)

java -version

パスが通っていれば以下のような情報が返ってくる

java version "13" 2019-09-17
Java(TM) SE Runtime Environment (build 13+33)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 13+33, mixed mode, sharing)

IDEの設定

STSの4系を入手

STSのインストールを行います。ちなみにSTS以外にIntelliJ IDEAで使う方法、VSCodeでも利用することができるようですが、そこはお好みで。

ダウンロード
https://spring.io/tools

これまではzip形式で配布されていましたが、解凍時にパスが長すぎてエラーが起きるため一工夫が必要でした(パスの短縮or7zipの利用など)

その解消が理由か、現時点での最新版ではjarでの配布になっているので、以下のようにコマンドから展開します。

java -jar path/spring-tool-suite-4-4.4.2.RELEASE-e4.13.0-win32.win32.x86_64.self-extracting.jar

STSの起動

展開したディレクトリ内のSpringToolSuite4.exeを起動し、STSが起動することを確認する。

STSの日本語化

STSを日本語化するには、Pleiadesを使います。
https://mergedoc.osdn.jp/
上記URLからツールをダウンロード

Pleiadesの設定

setup.exeをクリックし、日本語化するアプリケーションの欄に、先ほどのSTSのexeを指定し、日本語化するを押すだけ。

プロジェクトを作成し実行する

早速アプリケーションを作ってみます。
「ファイル」→「新規」→「Springスターター・プロジェクト」を選択

なんだかいろいろでてきますが、基本的にはデフォルトのままでOK。
名称や、buildツールの指定、Javaバージョンの指定がある場合は任意で変更します。

次の画面では、使うフレームワークを指定する画面になりますが、たくさんありすぎてよくわからないですよね。後からでも変更できるようなので、まずは以下のように指定しました。今回はThymeleafを使って、SQLはPostgreSQLを使用します。

完了を押すと、プロジョクトが出来上がります。

コントローラーとクラスを作成

以下図のように適当にコントローラーとクラスを作成します。

クラスの中身はこんなかんじ

アプリケーションプロパティにポートを設定

以下を記載します。番号は任意の値を。

server.port=8080

アプリケーションを実行

「実行」→「SpringBootアプリケーション」を選択すると、先ほど作ったlocalhost:8080/api/pathにアクセスで文字列が返ってくるのが確認できます。

ここまでを「デモアプリ作成」としてこの記事は終了し、次はもう少しそれっぽい(?)ことをやっていきたいと思います。