プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

【JavaScript】LocalStorageの使い方

簡単な使い方

※LocalStorageではなくSettionStorageを使う場合は、下記1行目でSessionStorageを変数に入れる。

LocalStorageにデータをセットする

let storage = LocalStorage;
let value = 'テストデータ';
storage.setItem('キー名', value);

// Key[キー名] Value[テストデータ]が格納される

LocalStorageのデータを取り出す


let data = storage.getItem('キー名');
console.log(data);

// 「テストデータ」が返る(Keyに対するValue)

LocalStorageのデータを全て消去する


storage.clear();