プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

【WordPress】ショートコードに引数を指定する方法

おさらい

まずは以下の記事で使ったサンプルを対象にし、ショートコードに引数を指定する方法を確認
ショートコードを使い投稿ページからテンプレートを呼び出す

変更前

function func() {
    return "サンプルです。";
}
add_shortcode('shortCD', 'func');

変更後

function func($arg) {
    return "{$arg[0]}サンプルです。";
}
add_shortcode('shortCD', 'func');

投稿ページの好きな箇所に作ったショートコードを記述する

[[shortCD 引数を使った]]

実行結果

引数を使ったサンプルです。

指定した引数をきちんと受け取って、ショートコードで指定した関数が返ってくるのが確認できます。

複数の引数を指定する場合

function func($atts) {
  extract(shortcode_atts(array(
  "hoge" => '',
  "fuga" => ''
  ), $atts));
  $piyo = $hoge + $fuga;
  return $piyo;
}
add_shortcode('shortCD', 'func');

投稿ページの好きな箇所に作ったショートコードを記述する

[[shortCD hoge="150" fuga="500"]]

実行結果

[shortCD hoge=”150″ fuga=”500″]