プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

ConoHaVPSにUbuntuOS、複数WordPressサイトを構築(手順まとめ版)

  • 2019年4月5日
  • 2019年4月5日
  • wordpress
  • 89view
  • 0件

はじめに

以前の記事にもある、ConoHaのVPSを利用したWordpressサイトの構築手順を一通りまとめた手順を紹介します。
ここで説明するのは、以下の環境ですが、環境が違う方でもそれぞれ置き換えていただけると問題なく進めることができると思います。

・VPS:ConoHaのVPSサーバー
・OS:Ubuntu18.04
・apache:2.4系
・PHP:7.2
・Wordpress:5.1

手順まとめ

VPS契約とサーバー自体の最低限の設定

まずはVPSを契約するのと、契約したサーバーのユーザー設定などをします。
詳しくは以下の記事でまとめています。

ConoHaでVPSを契約するまでと最低限の初期設定
https://weblion303.net/1319/

apacheとphpとmariaDBのインストール

WordPressを動かる環境を整えるために上記をインストールします。
とりあえずapacheだけでもいいですが、ついでなので一緒にインストールしておきましょう。

詳しくは以下の記事でまとめています。

Ubuntu18.04でWordPressの環境構築をする準備
https://weblion303.net/1339/

独自ドメインの取得とDNSの設定

ある程度時間がかかる(数分で終わる場合もあるが)ドメイン関連を先に済ませます。
ドメインを設定し、apacheのバーチャルホストの設定をして複数サイトを切り分ける準備をしておきます。
詳しくは以下の記事でまとめています。

Ubuntu18.04 [Apache]バーチャルホストで複数サイト運営
https://weblion303.net/1336/

Let’s Encryptで常時SSL化

ドメイン関連で常時SSLも済ませてしまいましょう。
詳しくは以下の記事でまとめています。

VPS上のwordpressサイトをLet’s Encryptで常時SSL化。ubuntu18.04
https://weblion303.net/1356/

WordPress本体のダウンロードと設定

次にWordpress本体をサーバーにダウンロードし、インストールを行います。

詳しくは以下の記事でまとめています。

Ubuntu18.04でWordPressの環境構築(本体の設定編)
https://weblion303.net/1411/