プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

PlantUMLでgraphvizが読み込めなくなった

  • 2020年12月29日
  • 2020年12月29日
  • その他
  • 51view
  • 0件

はじめに

前回の記事(https://weblion303.net/2324)でもあるように、Markdown Preview EnhancedのなかでPlantUMLの機能を使っていた。

ある日突然、PlantUMLの状態遷移図などが表示されなくなった(graphvizに依存する機能部分)

※Windows環境です

エラー内容

PlantUML (1.2020.26) cannot parse result from dot/GraphViz.

Please go to https://plantuml.com/graphviz-dot to check your GraphViz version.
Java Runtime: OpenJDK Runtime EnvironmentJVM: OpenJDK 64-Bit Server VMDefault Encoding: UTF-8Language: jaCountry: JPPLANTUML_LIMIT_SIZE: 4096
This may be caused by :
– a bug in PlantUML
– a problem in GraphViz

結論

言い訳したいことはたくさんあるが、先に結論を書く。
同じような方がいたら以下を試してみてください。

Markdown Preview Enhancedのバージョンを下げる

12/24にバージョン0.5.14がリリースされ、VSCodeがプラグインを自動アップデートしていた。表示されなくなった時期からしてもバッチリだ。

0.5.13にダウングレードしたところ、再び表示できるようになりました。

※ちなみに別バージョンをインストールするには以下の箇所から

あとがき

エラーを見る限りplantUMLかgraphvizに原因があるとばかり思って相当ハマってしまいました。

graphvizのインストールの際に割と適当にやっていたので気づかなかったが、バージョン2.44.1をchocolateyで再インストール。解決せず。

元々手動でダウンロードした2.38に戻そうとするも、環境変数が読めなくなる。

プログラムの追加と削除から2.44.1をアンインストールし、「dot -v」を打つとs既に消したはずの2.44.1を見にいってしまう。

choco uninstallを管理者権限で実行し2.44.1を完全に抹消する。
2.38に戻ったが、そもそも解消せず。

原因はここにないと判断し、2.44.1を再インストールし、plantUMLのバージョンあれこれを試す。解決せず。

最後の最後でMarkdown Preview Enhancedに疑いの目を向けることができ、解決。