プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

ケンジントンのトラックボール(Kensington K72359JP)は本当にオススメできる最高なマウス

  • 2021年8月16日
  • 2021年8月16日
  • その他
  • 30view
  • 0件

はじめに

無数にあるマウスの中で、私が気に入っているKensington[ケンジントン]のトラックボールK72359JPについての記事です。
既にネットを漁ると「普通のマウスに戻れない」等あるように、このマウスは一部のユーザーから絶大な支持を得ている商品です。

ケンジントン[Kensington] K72359JPについての簡単な説明

見た目はやや変態寄り。
https://www.amazon.co.jp/Kensington-ExpertMouse

このトラックボールの大きさのインパクトと、マウスにしては安くない値段から普通のオフィスワーカーなどが使っているのを目撃したことはありません。ガジェット好きじゃないとまず買おうとは思わないでしょう。

ただ、トラックボール自体が一般的なマウスよりも疲れにくいというのは使わなくても想定できるかと思います。
なぜなら、一般的なマウス操作で必要になる「本体を動かす」という作業が不要で、腕や手の位置はそのままに「コロコロとボールを動かすだけでマウス操作ができる」からです。
よって狭いデスクでも快適に使えたり、車内なんかでも使えると思います。

そんなトラックボール型のマウスの中でも絶対王者的な地位を築いているのが(個人的主観)このケンジントンのトラックボール型マウスです。

他のトラックボール型マウスとの比較

https://www.amazon.co.jp/
私がサブマシンで使用しているロジクールのマウスとの比較です。
こちらのマウスはトラックボール型マウスとしてはかなり人気の商品ですね。
購入しやすい値段で知名度も高いので、トラックボール入門としてはオススメだと思います。

両方1年以上使ってみた私の感想は以下のような結果となります。

使いやすさ

圧倒的にケンジントンK72359JPの勝利。
価格帯が全然違うので当然と言えば当然ですが、トラックボールの滑らかさというか操作性が全然違います。
また、ケンジントンのほうは単純にどデカトラックボールの恩恵を受けていて、ウィンドウの移動が楽ちんです。
マルチスクリーンでも全然疲れることがないです。

メンテナンス性

こちらも圧倒的にケンジントンの勝利。
ケンジントンのマウスはトラックボールが固定されていないので、逆さまにするとトラックボールが落っこちます。
これを知らないとトラックボールが破損したり床に傷をつけてしまったりしそうですが、知っておけば普通に使っていて落下することはないと思うので大丈夫でしょう。

トラックボールが簡単に取り外せるので、ボールと本体の間に溜まるホコリやゴミ、ペットの毛なども簡単に掃除することができます
一週間ほどでもかなり細かいゴミが溜まるので、取り外しのできないロジクールのほうはどうなっちゃってるのか恐ろしいです。

ゴミが溜まっていると当然操作性は落ちるのですが、取ってあげれば新品同様に復活します。

持ち運びのしやすさ

持ち運びについてはロジクールのトラックボールのほうが便利でしょう。
ケンジントンのトラックボールはロジクールと比較して重たいですし、何より先述したようにトラックボールが固定されていないので持ち歩いたり出先で使うのにはそもそも向いていない気がします。

Kensington K72359JPについてのもう少し細かい部分

以下からはケンジントンのトラックボールが気になるという方に向けてもう少し細かい部分について書いていきます。

値段について

ネット上ではどこでも買えると言っていいくらい取り扱いが多いのですが、価格が変動しやすいのでおトクなときに買うのがオススメです。
価格帯は新品で8500円~13130円くらいです。
参考までにAmazonの価格履歴がこちらです。

8000円台で買えたら結構ラッキーですね。私は8918円のときに購入していました。


種類について

今回はK72359JPに焦点を当てて解説していますが、同じケンジントンでも複数の種類のトラックボールが販売されています。先述したロジクールのような形のものもあります。

パッとみるとたくさんあってどのタイプを選べばいいか悩んでしまいそうですが、以下のように自分の用途に合わせて選択するといいと思います。

  • ボタンの数
    私は正直無駄にボタンがあっても使わないので、ボタンの数は少ないに越したことはないと思っています。
  • トラックボールの大きさ
    せっかくケンジントンなので大きいほうが楽だと思いますが、スクロールのしやすさに影響します。
    laptopで使用を想定している方などは小さいタイプでもいいかもしれません
  • 有線か、無線か
    デスクトップで固定された配置で使う場合有線にしておくと電池切れの心配もないですが、デスクがゴチャついてしまう懸念はあります。私はデスクトップ使用でも無線にしていますが、反応が遅れてカクつくこともないし、電池も1年は持ってるかな?というくらい全く気になるレベルではないので、デスクをスッキリできる無線がオススメです。

カスタマイズについて

ケンジントンのマウスは、kenjingtonworksというサイトからソフトをダウンロード(無料)することでキー配置などをカスタムすることができます。
https://www.kensington.com/ja-jp/software/kensingtonworks/

私はWindowsPCでしか使っていませんが、もちろんmacにも対応しており、上記のリンク先の「for windows」「for mac」の表記部分から自分のOSのソフトをダウンロードできます。

最後に

今回はケンジントン[Kensington]のK72359JPについて紹介しました。
とてもオススメなので気になっていた方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

どんな作業をすることが多いのかによっても向き不向きはあると思いますので、最後にそちらだけ書いておこうと思います。

向いている

ウェブブラウジングやオフィスソフトを使った操作、プログラミング

向いていない?

イラスト作成、動画編集、ゲーム。
動画編集くらいなら使えるかもしれません。細かいタッチが必要になるので(カスタムできますが)小さな要素をクリックしてドラッグしたり、高速なマウス操作が必要になるゲームなどには向いていないかもしれません。