プログラム関係の備忘録。技術系記事1000記事以上を目指すブログ

【Ubuntu】CDドライブなしのPCにUSBでUbuntuをインストールする

  • 2018年4月5日
  • 2019年5月20日
  • Linux
  • 1252view
  • 1件

はじめに

目的は、使わなくなったノートPCにUbuntuをインストールすること。

障害

私の場合は以下の障害がありましたので、2つに分けて解消策を書いていきます。必要ない部分は読み飛ばして閲覧ください。

・Ubuntuを入れたいPCが32bitなので、現在は公開されていないUbuntuの32bit版を入れたい
DVDドライブが本体に付属していないので、ディスクを使わない方法でインストールしたい

Ubuntuをインストールするまでの手順

Ubuntu 32bit版を入手

以下URLを開くとUbuntuのディスクイメージのダウンロードが始まる
https://ubuntu.jp.uptodown.com/ubuntu/download/526199

64bit版の場合は日本語版のLTSが以下からダウンロードできる
https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix

USBでライブメディアを作成する

CD-ROMの代わりにUSBでUbuntuを起動できるようにするため、USBを用意し、FAT32でフォーマットをしておく。

UNetbootinというソフトをダウンロードする。

ダウンロードURL
http://unetbootin.sourceforge.net/

UNetbootinを起動し、ディストリビューションにUbuntuを指定。

ディスクイメージにチェックを入れ、ISOを選択し、最初にダウンロードしたUbuntuのディスクイメージを指定。

タイプは先ほどフォーマットしたUSBを選択し、そのUSBのドライブを指定。
その後OKをクリックで、ライブメディアの作成が終了する。

ライブメディアを起動

USBにインストールしたUbuntuを起動するために、UbuntuをインストールしたいPCのBIOS画面を起動。

起動方法は機種により異なるので、割愛。
(今回はTOSHIBAのダイナブックで検証した為、F12キーを押しながら電源ボタンで起動。)

BOOTメニューが起動したら、USB Memoryを選択

続いて、UNetbootinのメニューが表示されるので、方法を選択

Try Ubuntu whithout installing
お試しでUbuntuを起動する。
再びPCを起動したときにはWindowsとして起動することができる。(Ubuntuのデータは起動ごとに保存されない)

Install Ubuntu
既に入っているOSをアンインストールし、Ubuntuをインストールする。
まずはTry Ubuntu whithout installingがオススメ。

以下では既存OSを抹消しUbuntuをインストールする。

Ubuntuの画面が表示される


初期設定画面に移るので、キーボードの設定やユーザー設定を済ませる。